常総市の子ども達を守る会

放射能から子どもを守ろう!

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.22緊急福島シンポジウム

緊急福島シンポジウム「20mSv/年」は安心安全か?が、福島県郡山市で行われます。ちょっ遠いですが、当日は問題提起者として、元国会事故調査委員でがん細胞の研究者でもある崎山比早子さんや、深川市立病院の松崎道幸医師、元筑波大教授の生井兵治さんらが登壇されるそうです。是非足を運ばれてみてはいかがでしょうか。
1475983_631244940272146_1085324878_n.jpg

自治体宛て要望書に支援法を追加いたしました

自治体宛ての要望書を一部修正し、支援法についての要望項目を追加
させていただきました。また提出資料につきましても変更がございます。
ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、ご理解のほど宜しくお願い致します。

<自治体宛て要望書・修正版>
 http://goo.gl/yy6P2
●支援対象地域になる為には、自治体からの声も重要となってきます。要望項目に是非加えていただければ幸いです。
 
<自治体宛て資料・修正版>
http://stoutest.jp/zt/youseisho.pdf 
●東海村甲状腺検査の資料を11月6日の新聞記事に変更いたしました
●一部資料がご覧いただけない不具合が生じておりましたが、現在は修復させていただいております。ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。
★要望書提出にご協力いただける方は、下記に直接メールを下さい
こちらから編集可能な要望書と資料を送らせていただきます。
放射能からいのちを守る茨城ネット
ibaragi.net@gmail.com


「原発事故子ども・被災者支援法」の学習会を開催します

常総市の子ども達を守る会 ・放射能汚染から子どもを守ろう@守谷
放射能NO!ネットワーク取手の3つのグループと、常総生協さんに
ご協力をいただき11月4日(日)
「原発事故子ども・被災者支援法」
の学習会を開催します。





みなさんは、「原発事故子ども・被災者支援法」ってご存じですか?
原発事故の影響から子どもを守る為、 今年の6月に成立した、とっても重要な法律ですが、報道も少なかった為か あまり知られておりません。
具体的な中身や「支援対象地域」については、私達の意見が反映できるよう、政府がこれから決めていくことになっています。

この支援法は、放射線量の高い地域から避難した人、そして留まった人にも国は支援を 約束しますよという法律であり、
被災した子どもや胎児の健康診断を一生し医療費を無
料や減額にしたりすること。
しっかり食品の放射能検査をすること。
子どもや妊婦さんが
いる所の除染を徹底すること。
などの内容が盛り込まれた、はじめての原発被災者を
支援する法律です。


もし茨城県が「支援対象地域」に指定されると、各地域で要望の上がっている健康調査
の実現にも大きく近づきます。 それには被災者の声をあげることが大切ですが、残念ながら茨城ではあまり声があがっていないのが現状です。
また、どこに、どう声を届けたらいいのかもよくわかりませんよね。 そんなことも含め、この「被災者支援法」について、法テラス茨城の和田恵弁護士と茨大の原口弥生先生をお招きして、わかりやすく説明していただきます。是非ご参加いただければと思います。

この法律のポイントと課題をFoE Japan
さんがQ&Aの方式で分かりやすく説明してくださっています。
Q1:この法律が成立した経緯は?
Q2:なぜ、この法律が必要だったのでしょうか?
Q3:この法律のポイントはどのようなものですか?
Q4:医療費の減免は、子ども・妊婦に限定されるのですか?
Q5:子どもたちが成人したあとの医療費はどうなるのですか?
Q6:医療費の減免措置をうけるにあたり、被災者が被ばくとの因果関係の証明をしなければならないのでしょうか?
Q7:支援対象地域はどの範囲となるのでしょうか。
Q8:この法律の主務官庁はどこになりますか?
Q9:法律に書き込まれている理念はすばらしいのですが、絵に描いた餅に終わらないでしょうか?


以下学習会の詳細です↓↓

 



「原発事故子ども・被災者支援法」

 

    
学習会のお知らせ

無題



日時:11月4日(日)

講演会13001400

懇談会14001500(情報交換など)


◆場所:北守谷公民館 2F多目的ホール(定員100名)

  茨城県守谷市板戸井1977-2 Tel 0297-47-01111
※ふれあい道路「松前台小学校入口」の信号を西(ブックオフ側)に曲がり直進したつきあたりです。

講師:弁護士 和田恵さん

   

       茨城大学准教授 原口弥生さん(茨城大学有志の会) 


◆参加費:無料 

駐車台数に限りがありますのでできるだけ乗り合わせでお越しください。



【お問合せ先】
e-mail:ibaragi.net@gmail.com tel:0297-22-2516(青木)


          主催:放射能からいのちを守る茨城ネット


放射能NO!ネットワーク取手・放射能汚染から子どもを守ろう@守谷
常総市の子ども達を守る会


                            協賛:常総生協




常総市・被災地発信ソング~未来への扉~一緒に歌いましょう♪

10月14日、弘経寺で『被災地発信ソング~未来への扉~完成イベント』
が開かれます。
このイベントは、日本を襲った東日本大震災から1年半。世界中から受けた支援に対し 歌で感謝の気持ちを届けようという企画です。この『未来への扉』という曲は、岩手県 一関市出身の金野貴明さんが作詞作曲をし、 常総市をはじめ、被災した5県12会場で レコーディングをし、700名を 超える被災者の方々の歌声を、一曲にまとめ CD化したもので、その利益はすべて、世界の子供達の為に寄付されます。

そして、レコーディングに参加した常総市の方が『被災地発信ソング未来への扉応援隊』
というボランティア団体を、常総市で立ち上げたそうです。 その方から、先日連絡をいただきました。代表の篠崎さんは、この歌を通じ、震災を風化させず、子どもたちが気軽に口ずさんでくれる様な、長く歌い継がれる曲として多くの人に広めて いきたい。大勢で、元気に大きな声で歌ってみた時、胸に熱いものがこみ上げてきた感動を、ぜひ皆さんにも味わって頂きたいと仰っていました。 とても素敵な企画だと思いますし、同じ震災や子ども達がキーワードの繋がりに縁を感じ、このブログでも今回紹介させていただきました。

今後は、様々なイベントで歌い手募集を呼びかけでいくそうです。私もYouTubeで、レコーディングの風景を拝見しましたが とても素晴らしい曲で、被災者の方々が多くの悲しみを乗り越え、歌う姿にとても感動し涙がこぼれそうになりました。

犠牲になられた鎮魂の供養と、被災地の復興を願い行われる
弘経寺での完成発表会は、きっと素晴らしいものになると思います。
是非、皆様このイベントに足を運んでみてはいかがでしょうか。



被災地発信ソング「未来への扉」完成イベントの紹介  
 <ティートックレコーズ・HPより抜粋>  

日時:10月14日(日)14時開演(参加者は13時集合)
会場:茨城県常総市豊岡町甲1番地
寿亀山天樹院 弘経寺(ぐぎょうじ)本堂にて
参加費:無料
後援:常総市、常総市教育委員会、常総市観光物産協会
お問合せ:ティートックレコーズ
Tel:03-5825-4371(平日12:00〜19:00)
※当日は『未来への扉』CD販売も行います。

21日は下妻の砂沼サンビーチでもイベントを開催します。


                                        
被災地発信ソング~未来への扉~福島・宮城レコーディング(完全版)
http://www.youtube.com/watch?v=b2CFBr1_asA

被災地発信ソング「未来への扉」  作詞・作曲:金野貴明

Peace ひとりひとり笑顔は違うけど...
Peace 願いはひとつ 穏やかなその瞳 
出会いと別れは必ずやってくるけれど
僕らの心には 永遠の宝物
果てない空へ飛び出すよ たとえ辛くても
傷ついても 誰かそばで君を 支えてくれる
僕らは不安と悲しみを 必ず乗り越える
与えられた大切な命さ 未来への扉
Peace ひとりひとり想いは違うけど...
Peace みんなの願い 必ず届くから...
だからみんなで元気に声をだそう
僕らの夢と笑顔が届くまで
みんなでひとつになろうよ 強く手をつなごう
言葉だけじゃ伝わらないことも きっと届くさ
ありがとう 僕らの地球で 大きな愛だいて
まぶしいほど輝きだすはずさ 
僕らの笑顔で
未来への扉




413AtubnBsL__SL500_AA300_.jpg 
   10月10日発売
『未来への扉/CDを注文する』

<2012.10.5 毎日新聞記事>


joso_1.jpg

 (10月5日・高杉市長にCDを進呈)


IMG_convert_20121005164503.jpg 
  <10月14日・イベントチラシ>

◆被災地発信ソング『未来への扉』応援隊ブログ
http://ameblo.jp/maru-0404-0116/

映画「シェーナウの想い~自然エネルギー社会を子どもたちに~」

放射能汚染から子どもを守ろう@守谷さんが 7月13日に映画
「シェーナウの想い~自然エ ネルギー社会を子どもたちに~」
の上映会 を開催します。映画終了後に茶話会(無料) もあるそ
うです。 是非ご参加してみては いかがでしょうか。

【以下@守谷さんブログより転載】
♪映画あらすじ♪
ドイツ南西部、黒い森のなかにある小さなまちシェ
ーナウ市。 チェルノブイリ原発事故後、シェーナウの親たちが、
子どもの未来を守るため、自然エネルギーの電力会社を 自ら
作ろうと決意する。 人口2500人の小さな村が、ド イツを、そして
世界を変えた感動のドキュメンタリー映画。
「シェーナウの想い」予告編YouTube 動画サイト
http://www.youtube.com/watch?feature=email&v=KD_2CAAA9gs&gl=JP&email=comment_received

日時:7月13日 金曜日  9時45分開場
    10時上映開始(上映時間60分) 13時解散
場所:守谷市御所ケ丘3丁目10-3 (関東鉄道 新守谷駅・徒歩4分 )
会場費:お一人500円 ☆先着予約制  定員20名

駐車場*パーラーさくらんぼ(コメドル向かい)
*飲食持ち込み自由です。
*レストランは閉店しております。飲食のご注文がで
きませんので、ご注意下さい。
*お子様に関わる全責任はご同伴の保護者の方がお持
ち下さい。  

映画終了後に茶話会(無料)を企画しています。持ち寄り歓迎。
映画の感想など話しながら、私達の今までと、今、そして これ
からについて気軽におしゃべりしましょう。 こちらもご参加お待
ちしています。 場所*旧スペイン料理コメドル
(レストランは営業していません) 

有り難いことにパーラーさくらんぼさんのご協力で駐車
場が無料で借りられることになりました。パーラーさく
らんぼさんの建物から一番遠い箇所(駅と反対方向)に
駐車して下さい。どうぞ宜しくお願いいたします。
放射能汚染から子どもを守ろう@守谷ブログ
http://forchildrenmoriya.blog104.fc2.com/

ご予約・お問い合わせ
氏名、参加人数(お子様含む)、ご連絡先をお知らせ下さい。
Mail☆放射能汚染から子供を守ろう@守谷
forchildren.moriya.ibaraki(あっと)gmail.com
(迷惑メール防止のため、あっとを@に換えて送信してください)
電話☆09054320072 (高城 10時から17時)
*今回は「自然エネルギー社会をめざすネットワーク」さんより
DVDをお借りしています。
http://www.geocities.jp/naturalenergysociety/index.html



«  | ホーム |  »

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。