常総市の子ども達を守る会

放射能から子どもを守ろう!

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射能対策課に行ってきました

11月10日常総市の放射能対策課に行き、市の放射能対策について質問とお願いをしてきました。常総市では、今月より給食の放射能検査が始まり市独自で30ベクレルを基準とし検査をしてくれています。その詳細についても教えていただきました。

<常総市、給食の放射能測定スタート茨城新聞>

先ず常総市の給食の放射能測定の概要です(常総市HPより抜粋)
測定対象  
  (1)市立小中学校:19校 
  (2)市立保育所:6所
  (3)私立保育園:5園 

測定機器  
   日立アロカメディカル株式会社   食品放射能測定システム CAN-OSP-NAI

測定方法 
給食に使用される食材のうち,小中学校及び保育所それぞれ毎日1品を検体として選定し豊岡給食センターと玉給食センターを1日おきに,保育所のについて毎日一つの保育所を選びそこで用いる食材について検査を実施 献立表からそれぞれ1日1品目を選定し,測定いたします。公立保育所については,11月10日(木)より1日2品目を測定いたします。給食センターにつきましても11月14日(月より1日2品目を測定いたします ※放射性物質が検出された場合は,食品衛生法で定められた暫定規制値に関わらず,その食材は使用しないものとし,献立の変更などで対応いたします。


以下当会からの質問と市の回答です

1.放射能測定器の計測時間は1品目につきどれくらいで、検出限界値は何ベクレルですか?
(回答)下処理に30分かかるものもありますが計測は10分です 。検出限界値は30ベクレル/kgです

2. 給食の検体は現在1品目ですが増やす予定はありますか?
(回答)10日から公立保育所は2品目、給食センターについても2品目にする予定です。

3.学校給食を前日納入し、全ての食材を検査することはできませんか?
(回答)教育委員会の規則で前日納入が決まっています。時間的にも難しいです
市場に出回ってる食材は安全なものです。あくまでも父兄の方の不安を取り除くために検査をしています。

市場に出ている食材全てが検査されているわけではありません。他の自治体では前日納入し検査をしているところもあります。全品検査が無理でもできるだけ多くの食材を検査して欲しいと思います
常総市の遠藤ふみえ議員は以前からからこのことを要望してくれています
<常総ルネサンスへの道>



3.給食1食分を丸ごとミキサーにかけゲルマニウム半導体検査器で1ベクレル/kgレベルまで検査をすることはできないでしょうか?
(回答)現在の福島原発は安定しております。今後何か異常が出た場合は専門機関に委託することも考えます。


4.野菜ばかりでなく肉、魚、果物、特に放射性物質を取り込みやすいキノコ類は早急に検査対象にしてもらえませんか?
(回答) 検査に使用する材料は1Kg必要です。検査した食材は使用できなくなりその分費用がかかります。検査品目については、栄養士が献立でよく使う食材を選定して検査しています。
肉やきのこを調べて欲しいという要望があったことを栄養士に伝えます。


是非宜しくお願い致します。

5.放射能測定器の市民の利用はいつからになりますか?
(回答)予定としては12月1日でしたが、時期については今のところ協議中です。

6.簡易線量計の貸し出しはいつからになりますか?
(回答)12月1日から、3台を1回約3時間程度貸し出す予定です。

7.簡易線量計の貸出数を増やす予定はないのですか?
(回答)努力します。

8.現在の空間線量の測場所を公共施設以外増やす予定はありますか?
(回答)公共施設以外は考えてなません。その代り市民が計った数値を本人が了解すればHP上で公開する予定です

是非宜しくお願い致します。

7.巣立ち山公園では今でも0.3μsv/h以上のところがありますが除染は今後どうする予定ですか?
(回答)前回の除染で終わりではなく第2弾を考え中です。

砂をかけることもまだ検討されていますか
(回答)はい一つの方法と考えています


8.各家庭から出る高濃度の落葉や、除染をした土については今現在どうしていますか?
(回答)市では仮置き場が無いので、各家庭に仮置きしてもらうよう指導しています。

家庭に仮置きスペースがある家ばかりではありません。市で仮置きできるスペースを確保して欲しいと思います。また家庭で出来る被曝低減策や除せん対策を広報等に載せていただきたいと思います。


9.子供達の健康調査をする予定はありますか
(回答)健康調査は考えていません。

以上です 


放射能対策課 課長様
直接話をさせていただき、様々な努力をしてくださっていることが良く分かりました。感謝いたします。ただ放射線の影響については専門家でも意見が別れる中、私たちは5年後10年後後悔はしたくありません。その為には子ども達に可能な限り被曝をさせたくありません。自治体には今できるあらゆる被曝低減策を講じてもらいたと思います。お願いだけではなく、私達も協力していくつもりですので今後とも宜しくお願いします。


先ほど常総市のHPをみたら早速しいたけの検査をしてくれていました。熊本産の干しシイタケで結果は不検出。迅速な対応ありがとうございました。
常総市HP 給食の測定と検査結果

最後にこんな記事があったので、気になって文科省に問い合わせたところ、「まだ具体的に何も決まってない」とのことでした。。。全市町村での検査体制を確立するまでにはまだまだ時間が掛かりそうですね。

<放射線量:給食1食分混ぜて測定へ 文科省毎日新聞>
































コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://jousoumamasann.blog.fc2.com/tb.php/33-82eccc24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。