常総市の子ども達を守る会

放射能から子どもを守ろう!

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常総市の講演会のお知らせ

常総市でも今週の16日に大きなイベントがあります
放射能、原発関係の講演他、様々な分科会もあるようです
是非足を運んでみてはいかがでしょうか
お問い合わせは直接029-824-8949(茨城県母親大会実行委員会)
にお願いいたします。

~茨城県母親大会in常総~
日時 10月16日10時~16:00(受付9時半)
場所 茨城県立水海道第二高等学校
参加費 1000円

(↓全て時間は午前10時~12時半)
1)特別分科会子どもを放射能から守るために
 講師 田内 宏(茨城大学教授)

2)再生可能エネルギー
 原発ゼロをめざして
 助言者 中村敏夫(茨城県原発を考える会会長)

3)映画「ビキニの海は忘れない」を観て
 助言者 森康行(映画監督)

主催:常総母親大会実行委員会
後援:常総市教育委員会他
















コメント:

世田谷区、横浜市、船橋市というように次々に高線量のホットスポットが見つかっています。常総市や近隣市も細かに調べる必要があるのではないでしょうか。
特に子供を被曝から守るということを第一に考え、幼稚園、保育園、公園、通学路など代表点だけを測定することなく、面的に詳しく、高線量になりやすい場所の見当をつけて調査を行うことが必要だろうと考えます。
ホットスポットは住民が測定して発見しています。自治体も人手がなくなかなか思うように測定できない面もあるでしょうから、住民との協力に基づき調査を進めていくことが必要なのではないかと思います。
ここで問題なのが嫌がらせです。住民が測定する場合に、その住民が他の住民から嫌がらせを受けないように、たとえば市で用意した腕章をつけて測定するなど市側の配慮も必要だろうと思います。

参加します!

母親大会参加します!同じ思いのお母さんたちにあえるかもしれないので

Re: タイトルなし

>常総市民様
横浜のストロンチウムに船橋の5μSv大変なニュースになって
いますね。常総市民さんの仰る通り常総市や近隣地域にも
このようなホットスポットは点在してるはずです。
現に豊岡でも4μSVの場所がありましたしね。
>住民との協力に基づき調査を進めていくことが必要なのではないかと思います
その件で本日放射能対策課に電話をし質問をさせていただきました。
詳しくは後ほどご報告いたしますが、まだいつからかは決めて無いようですが
線量計の貸出を検討してくれてるそうです。
そうなれば住民の生活に密着した計測ができ、きめ細かい
汚染状況が把握できそうです。確かに腕章はあった方が良いと思います。
ところで、世田谷の高線量は瓶が原因とのこと
なぜ瓶なのか?それはそれで余計不安になりますよね。

>名無し様
きっと会えると思いますよ
因みに私も参加します(^^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://jousoumamasann.blog.fc2.com/tb.php/30-495b85eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。