常総市の子ども達を守る会

放射能から子どもを守ろう!

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廃炉を求める請願は継続審議となってしまいました

皆様にご協力いただきました
「東海第二原発廃炉を求める意見書提出に関する請願書」
は常総市議会第二回定例会に於いて継続審議になってしまいました。
※継続審議とは会期中に議決するに至らなかった案件を次の会期で引き続いて審議すること

追加分も含め皆様から沢山の署名を
いただいたにもかかわらず、この様な結果となってしまい
本当に申し訳なく、残念な気持ちでいっぱいです。

しかし4000筆近い署名が集まったということは、
それだけの方が、常総市における廃炉の決断を
望んだという確かな証拠であり、その意義は
とても大きいと感じています。

国や県では大飯原発再稼働や、東海第二原発廃炉を求める請願が
不採択という動きがありますが、住民の意見を無視しするこの様
な政府や県の動きに屈することなく子どもたちの未来の為にも
再稼働に反対し、安全対策と共に廃炉を求め
声をあげていくことはとても重要なことだと思います。

今回は、本当に残念な結果となりましたが、多くの署名を
寄せて下さった方々やご協力くださった皆様から
沢山の希望と勇気をいただきました。
反対や対立ということでなく、対話し、疑問や意見を交わす中で
常総市においても、廃炉の意思を示すことができるよう
私たちにできることを、諦めることなく今後も取り組んでゆきたいとおもいます。

署名にご協力してくださった皆様
ご尽力くださった中村安雄議員はじめ紹介議員の皆様
お忙しい中、面談やお電話で私たちの声に耳を傾けて下さった
市議会議員の皆様本当にありがとうございました。


昨日の本会議終了後、中村安雄議員(議会運営委員長)
と吉原光夫議員(総務委員長)が
議会閉会中に委員会を開き、今回の請願を再度審査してくださる
ことを約束してくださいました。良い結果となりますことを大いに
期待したいと思います。


コメント:

いつも常総市の子ども達の為にご活動ありがとうございます。請願残念でした。皆さんの熱意とご努力、そして他の自治体の流れからも当然採択されるものと信じておりました。非常に残念ですが多くの常総市民が皆さんを応援しております。挫けずに頑張ってください。

みなさんのお陰で、東海第二原発の危険性を初めて知ることができました。ありがとうございます。皆さんの粘り強い働きかけ、市民やお母さんたちの想いが常総市の心ある議員さんたちに伝わり、必ず廃炉の意見書が可決することを願っております。

非常に残念の結果です。
約4000人もの想いを簡単に覆すほどの理由が
本当にあるのか?甚だ疑問です。
子どもたちや住人の命より大切なものがあるのでしょうか?
反対した議員の民意を覆すほどの、想像ではなく、理論的な根拠を持った理由を知りたいです。

東海第2原発:結城市議会委、廃炉求める請願採択 584人が署名 /茨城http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20120615ddlk08040181000c.html
584名の署名であってもきちんと住民の気持ちを汲んでくれる自治体もあるようです。
この違いは何から来るのでしょう?

再度請願を審議していただける事
期待しています

竜ヶ崎の友人から聞きました。今日の委員会で「再稼働中止を求める陳情」が全会一致で採択されたそうです。常総市はどうなっているのでしょう??このまま再稼働が許され、もし東海第2で事故が起こったら?常総市住民の安全は守られるのでしょうか?議員の皆様には、もっと真剣に考えて頂きたいです!!
これからも常総市の子ども達を守る会を応援します!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://jousoumamasann.blog.fc2.com/tb.php/110-ce24254c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。