常総市の子ども達を守る会

放射能から子どもを守ろう!

2013-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常総市・甲状腺検査費用、4月から一部助成 !

常総市が甲状腺エコーの一部助成を、4月から始めると記者発表しました。
実施については、3月18日の市議会の議決をもってスタートとなるため、最終決定ではありませんが、多くの自治体が健康調査に消極的である中、今回の常総市の決定は画期的な前進であり、大変嬉しく思います。今後、周辺自治体でもこの動きが加速することを、大いに期待したいと思います。 子どもの健康を心配する親の気持ちを汲み取り、ご尽力いただきました、市長はじめ、放射能対策課の皆様、本当にありがとうございました。

【予算額は】
今回の甲状腺検査の予算は、30万円(3000円×100名)とのことで、かなり少ない気がしますが、100名以上は検査をしないという訳ではなく、人数が増えた場合は、補正予算を組んで増額してくれるとのことです。通常、甲状腺検査費用は、6000円程度の為、半額を助成してくれることになります。

【甲状腺検査概要】(案)
・検査内容:甲状腺エコー検査
・対象:平成4年4月2日~平成24年4月1日生まれの人
 (対象者H23.4.1現在10940人)
※事故当時胎児だった子・事故後に市外に転出した子も含む
・期間:平成25年4月1日~平成28年3月31日まで(3年間)
・助成金額:3000円を上限とし期間内に1人1回
・検査方法:医療機関において個別に検査
※検査可能な県内外の医療機関一覧を作成し、問い合わせに応じる予定

●保護者が常総市に交付申請→助成券をもらい医療機関へ
 →検査をし差額分を支払います。

実施に当たっては、常総市のHPや広報誌、説明会や回覧板、幼稚園・保育所、学校の父兄に向け、チラシを配布するなど、周知徹底を図っていただきたいと思います。

【毎日新聞 記事2月23日】甲状腺検査費用、4月から高萩、常総一部助成 
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130223-00000142-mailo-l08
東京電力福島第1原子力発電所事故で生じた放射性物質が子供たちの健康に与える影響に対する不安を解消するため、常総、高萩両市が22日、甲状腺超音波検査費用の一部助成を4月から始めると発表した。

 常総市は、92年4月2日から12年4月1日生まれの子供が対象。事故当時胎児だった子供や、事故後に市外に転出した子供も含む。健康被害を懸念する母親らの要望を受けた。助成額は1回限りの3000円。13年度当初予算案に100人分となる30万円を計上。市は、検査可能な県内外の医療機関一覧を作成し、問い合わせに応じるという。
 高萩市は、0歳児から15歳までの子供が対象。あくまで希望者で、小さい子を持つ親や議会からの要望に応えた。検査経費に1905万円を計上しており、自己負担は3000円。対象年齢の該当者は約5000人。【臼井真、山内真弓】
2月23日朝刊



スポンサーサイト

 | ホーム | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。