常総市の子ども達を守る会

放射能から子どもを守ろう!

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つくば市民測定所二周年記念講演・報告会

4月6日、つくば市民測定所二周年記念講演・報告会 「それで、茨城はどうなの?」
が開催されます。国や県・市の測定で充分なのか?茨城の汚染状況は実際どうなっているのか
茨城大学小松崎教授からの講演と市民による独自測定の報告です。是非ご参加ください! 

つくば市民測定所HPhttp://sokuteiibaraki.blog.fc2.com/blog-entry-62.html  

 
二周年チラシ

スポンサーサイト

明日・3月15日 岡山博医師との学習会in結城市のお知らせ

明日結城市にて、仙台赤十字病院 呼吸器内科医師の岡山博さんによる
勉強会が開かれます。参加費は無料で、席にまだ余裕があるそうです。
特に申し込みは必要ないそうですが、準備の都合上、参加希望の方は
takalocach(あっと←@)gmail.com(小林さん) までご連絡宜しくお願い致します!

詳細です↓
「放射線被曝とは何か どう考えるか」
日時:3/15(土)14:30~2時間程度

場所:結城市情報センター2階スペースB
http://www.ycsf.or.jp/infoyuki/

※参加費は無料です。
※学習会で利用予定の資料です。
https://drive.google.com/file/d/0B7-MVi_smYZFY3IwRlkxMVdIeVU/edit?usp=sharing

5月には本格的な岡山先生講演会を開く計画になっていますが、幅広い方が参加できるように分け隔てなく、準備段階から各個人・団体の方と協働できればと思っています。今回の学習会は、その講演会に向けたプレイベント的な小規模学習会として、公開の上どなたでも参加できる学習会としています。

席にまだ余裕がありますので、参加希望される方は是非お越しください。
※十分な質疑応答、意見交換の時間を確保させていただく予定です。参加される方は質問等準備されていくと良いと思います。


※特に事前に参加の申し出は必要ありませんが、資料準備、会場のセッティングで大まかな参加人数を把握したいと思っています。
参加希望の方はtakalocach(あっと←@)gmail.comまでご一報いただけると助かります。





菅谷昭氏 講演会

来年1月25日、菅谷昭氏の講演が南流山で行われます。菅谷氏は、チェルノブイリ原発事故後、ベラルーシ共和国で甲状腺がん治療に従事された甲状腺専門医で、現長野県松本市長です。是非足を運ばれてみてはいかがでしょうか

◆菅谷昭氏 講演会「放射能から子どもたちを守る、私たちにできること」
放射線から子どもたちを守るために、
私たちができることを一緒に考えませんか?

日時 2013年1月25日(土)13:00開場 13:30開会(15:30終了予定)
会場 南流山センター 大ホール
交通 JR武蔵野線、つくばエクスプレス「南流山駅」徒歩4分
定員 500名 ※資料代、一部500円 ※申込み不要

◎菅谷昭(すげのや あきら)さん プロフィール
現長野県松本市長、医師・医学博士(甲状腺専門)。1996年から
5年半ベラルーシ共和国に滞在。チェルノブイリ原発事故により汚染され
たゴメリ州の州立がんセンターで医療支援活動にあたる。2004年に
長野県松本市長に当選。チェルノブイリの経験を市政にも取り入れている。

主催・問合せ 菅谷昭講演会実行委員会事務局(東葛病院内)
TEL:04-7159-1011 メール:tk_medical_pr@tokyo-kinikai.com
東葛病院ホームページ http://www.tokatsu-hp.com/tayori/

『原発とまちづくり研究会』主催・小川仙月さんの講演会

11月17日、八千代町にて小川仙月さんの講演会が行われます。 講師の小川仙月さんは、チェルノブイリ事故から4年後の1990年、被曝の実態を知るため単身現地に渡り、白血病に冒された子供たちの姿を『白ロシアからの手紙』にまとめ出版するなど、市民としての立場から原発問題の研究、啓蒙に献身的に携わってこられた方です。講演は、昼の部と、夜の部がありますので、ご都合に合わせて参加してみてはいかがでしょうか。

以下詳細です


◆小川仙月・講演会
『故郷を放射能で汚染させないために』


2013年11月17日(日) 2回講演
昼の部PM1:30~PM4:00 夜の部PM6:00~PM8:30
(各回とも開場は30分前)

【参加費:無料】
会場:八千代町中央公民館・2階視聴覚室

主催:原発とまちづくり研究会
問い合わせ:090-5548-3078(原発とまちづくり研究会)
090-6655-5940(増田)
 








◆3/31公開学習会のご案内

 3月31日、牛久市で漢人明子さん(小金井市議会議員)による学習会が開かれます。漢人さんは、チェルノブイリ原発事故後、市民有志と共に「小金井に放射能測定室を作る会」を発足し、それから22年間、放射能測定をずっと続けてこられた方です。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。


以下ご案内です




牛久市など茨城県南部では、3・11原発事故での放射能汚染による健康被害
を心配する、小さな子どもを育てている母親などが、自治体などに対策を求めて
運動を進めています。そのような中、牛久市では次の公開学習会が開催されます。
参加をお待ちしております。

環境学習同好会 公開学習会
「内部被ばく」こうすれば防げる
~放射能を22年間測り続けた女性市議からのアドバイス~

講 師:漢人明子(小金井市議会議員)
日 時:2013年3月31日(日)PM1:30~4:00
参加費:無料
場 所:茨城県牛久市中央生涯学習センター
主 催:環境学習同好会
共 催:原発いらない牛久の会・生活クラブ生協茨城牛久支部委員会・常総生活協同組合
協 賛:脱原発ネットワーク茨城
問い合わせ:080-5193-5218 藤田茂輝(たんぽぽ舎会員)


 | ホーム |  »

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。